彩らぶママの
見たもん日記
彩らぶママが見たこと感じたこと書いてます。
BSプレミアム

ベビーシッターギン第9話を見た感想

ベビーシッターギン第9話を見た感想

 

今回のあらすじ

下落合家の美美子はまた新しいことをはじめます。

なんとそれは野菜作りです。

毎回はじめては、駄目だったをくりかえす美美子さん。

いつもポジティブで失敗を恐れません。

そんな時にベビーシッターギンのもとにまた依頼です。

今回は山間の都会から離れた村です。

のどかな田園風景が広がるむらでした。

虫を払いながらギンさんが行った先には山谷つぐみちゃんと萌さんが住んでいました。

この萌さんとつぐみちゃんは実の親子ではありませんでした。

つぐみちゃんのお父さんと再婚したのが萌さんでした。

つぐみちゃんは亡き父と母と一緒に過ごした思い出の畑や家が大好きな女の子でした。

最初にお母さんが他界して、半年前にお父さんが亡くなりました。

そのために萌さんはこの場所を引っ越したいと思っていました。

もちろんつぐみちゃんも一緒に連れて行くつもりでしたが、つぐみちゃんはこの場所をはなれたいとは思っていませんでした。

なので萌さんはご自分の実家の近所に引っ越して、つぐみちゃんはおじさんの家にひきとられることが決まっていました。

そのために畑を残して家のみを売却することになっていました。

畑だけは残してほしいと萌さんはおじさんにお願いしていたのです。

畑には立派な野菜が育っていました。

つぐみちゃんはそこで今は亡き両親としりとりをしながら畑をするのが昔の楽しみでした。

今では一人でしりとりをしながら一人で農作業していました。

その様子をみてギンさんが畑にお弁当をもってきました。

そのころになると誰も畑に入れようとしなかったつぐみちゃんは、昔のようにしりとりをしながらギンさんと畑仕事に誘います。

その大変さを身をもってしったギンさん。

でもその楽しさも体感します。

ところがそこで問題が発生です。

家だけで畑は売らないとお願いしていたのに、おじさんが畑もコミで売りたいと言いだします。

それを聞いた萌さんは「話が違います。畑はうらない約束でした。それなら私はつぐみちゃんをつれていきます。」と言います。

しかしつぐみちゃんはその提案を突っぱねます。「萌さんと私は他人だ!」と」言います。

これを聞いた萌さんには衝撃です。

萌さんはつぐみちゃんを大事に思っていたからこそ、畑の事や一緒にすむことを提案したのに、その気持ちを考えると胸が痛くなります。

でもつぐみちゃんは精一杯の抵抗で庭にある小屋に閉じこもってしまいます。

そんな時にこの地方に直撃の台風がやってきます。

萌さんにはお腹に赤ちゃんがいましたし、臨月になって体も思うように動きません。

ギンさんに閉じこもっているつぐみちゃんを助け出してほしいと頼み、萌さんはこの家でつぐみちゃんが生まれた時に植えたという桃の木を守ろうとします。

その頃台風の影響で気絶してしまったつぐみちゃんは夢を見ます。

それは手に桃をもって、畑を歩いている夢でした。

それはお父さんとお母さんにお供えするつもりだった桃です。

でも歩いていたらどこからともなくお父さんとお母さんの声が…。

そして声の主は言うのです。

「その桃はつぐみの家族となる人と食べなさい。」

そしてつぐみちゃんは目が覚めました。

それと同じくらいに萌さんの陣痛がはじまります。

タクシーを呼ぼうにも、国道が土砂崩れで呼べません。

結局産婆さんを呼んで無事に出産されました。

その赤ちゃんは男の子でした。

つぐみちゃんはその男の子を見て、自分の弟ができたと実感します。

そして自分の家族だったのだと気が付くのです。

うれしそうな萌さん。

ベビーシッターギンはまた幸せな家族の形を導いたのでした。

とまぁ、ややネタバレ感は否めませんが、こんな感じでした。

今回のゲストは?

酒井美紀さんでした。

酒井美紀さんは先日書いた小吉の女房でもゲスト出演されていましたね。

白線流しが私には一番記憶しているのです。

それ以外には2016年の鴨川食堂でもシングルマザーで頑張っているお母さんをゲスト出演されていました。

あちこちドラマ出演されていますが、ゲスト出演が多い印象です。

今回、お腹の大きな臨月の役で臨月ならではの動き方が上手でした。

って変な言い方ですが…。

今回の感想は?

今回は血のつながらない親子のお話でした。

血がつながらなくても、気持ちが親子だったと言う事と、親子であると気が付くきっかけが赤ちゃんの誕生だったということかなぁとしみじみ思いました。

血がつながらなくても親子は親子…。

とはいっても今世間をにぎわせるニュースの中で、母親と血のつながらない内縁の夫などによる子供に対する暴行事件があります。

現実問題として、ニュースになるのはごく一部で、それ以外にも明るみにならないだけで、実の親子であったとしても暴力などは存在しています。

しつけなどという大義名分で、暴力を正当化してないでほしいといつも思います。

今回のこのドラマはとても幸せな家庭でした。

子供が安心して暮らせる世の中であってほしいと私は思っています。

次回は最終回です。

ベビーシッターギン10回が次回で最終回です。

今からベビーシッターギンロスが止まらない予感です。

ABOUT ME
aayalovemama
家族とわんこで兵庫県のお城のある小さな町に住んでいます。 印刷会社の出版部門で雑用をこなしながら、たまに着物をきておでかけしたりな日々を過ごしています。 将来は家族とわんこで南の島でのんびりすごしたいです。