彩らぶママの
みたもん日記
彩らぶママが見たこと感じたこと書いてます。
やってみたもん日記

チモトコーヒー4大大陸福袋を買ってみたもん日記①

Amazonのタイムセールでチモトコーヒーを知りました。パート①

そろそろコーヒー豆がなくなってきたなぁというタイミングでタイムセールの広告を目にしました。

するとそこには私は聞いたこともないコーヒーメーカーがタイムセールをしていました。

それは「チモトコーヒー」というメーカーでした。

チモトコーヒー福袋チモトコーヒー福袋

 

届いた福袋はこんな感じでした。

重量450g×4種類でお値段は1725円でした。

1グラムあたり1円以下です。

正直言って、安すぎるし、まずいのか?と思って口コミを見ました。

おいしいという口コミと最悪最低という口コミと両極端です。

悩みましたが、「中煎り」という焙煎が気になって注文してみました。

私は最近になって浅煎りという酸味の強調する豆も、苦みを強調する深煎りも少し苦手になっていました。

そんな時にコーヒー焙煎専門店で出会った中煎りという味にバランスの良さが気に入って気になるようになっていました。

 

味は「アメリカン」「アフリカン」「アジアン」「ヨーロピアン」の4種類です。

感想①アメリカン

口コミで一番評判が最悪だったのは「アメリカン」でした。

薄いとか、味がないとかさんざんです。

アメリカンの豆の様子アメリカンの豆の様子

 

色合いと香りと味

色あい…中煎りらしい薄めの色です。

香り…正直薄いです。コーヒーってもっとわかりやすい香りが袋を開けた瞬間にするものでは?とおもってしまいます。

味…アメリカンらしくあっさりとブラックで飲みやすい味わいです。

アメリカンのコーヒー色アメリカンのコーヒー色

 

確かに最近はやりのシアトル発のコーヒーショップみたいなガツンとした味わいと香りではないので、そういうものに慣れている方々には物足りなくて、残念な味になるのかもしれなくて、口コミにはなるほどと言わざるを得ない印象です。

私のアメリカンの感想

味わいがあっさりしていてブラックでがぶ飲みしたい人向け。
香りは薄め。それは少し残念

感想②アジアン

アジアンは好きだという口コミが多かった印象でです。

アジアンのコーヒー豆アジアンのコーヒー豆

 

色合いと味と香り

色合い…やはり中煎りらしい薄めの色合いです。

香り…薄めながら、フルーティさとナッツのような香りが混ざっていて、なんともアジアンな香りです。

味わい…香りはアジアン風ですが、味はアメリカンに近い印象です。しかしブラックで飲む方がいい味わいです。カフェオレにしたらミルクの味がかってしまう印象です。

豆を蒸らしています。豆を蒸らしています。

 

アジアンをボダムでいれています。

豆は元気に泡立っています。

ボダムでいれましたボダムでいれました

 

豆は元気に蒸らされています。

待つこと5分ほど待つこと5分ほど

 

かなりいい状態で泡立っています。

中煎りのコーヒーらしい色中煎りのコーヒーらしい色

 

中煎りの特徴的な色合いです。

私のアジアンの感想

味わいはあっさり目。ブラックコーヒー向き。がぶ飲み系
香りは控えめながら、フルーティでナッツのような香りもあって私は好きです。

 

香りがないならアイスコーヒー向きなのです!

香りが薄いという口コミを多くあった、アメリカン、フルーティな香りが印象的のアジアンですが、実はアイスコーヒーに向いているコーヒーと言えます。

実際にアイスコーヒーでアメリカン、アジアンを両方飲み比べしてみました。

すると中煎りのコーヒーの特徴のすっきりした味わいがおいしいアイスコーヒーでした。

私はこのボダムの500CCの分でいれています。

 

アイスで飲んでみると、中煎りの軽さがさわやかに感じて、とてもおいしかったです。

 

中煎りという焙煎方法で味は軽め
軽さを最大限に楽しむにはアイスコーヒーがおすすめ!
ごくごく飲みたい人向き

私が勝ったのは↑これです。

値段も安くて、がぶ飲みコーヒーにもいけてます!

 

 

 

 

ABOUT ME
aayalovemama
家族とわんこで兵庫県のお城のある小さな町に住んでいます。 印刷会社の出版部門で雑用をこなしながら、たまに着物をきておでかけしたりな日々を過ごしています。 将来は家族とわんこで南の島でのんびりすごしたいです。