彩らぶママの
みたもん日記
彩らぶママが見たこと感じたこと書いてます。
やってみたもん日記

本格和食の副菜「白あえ」を簡単に作ってみたもん日記

本格白和えを198円で食べれるんです。

ドラッグストア「コスモス」で「白あえの素」という商品を買いました。

 

簡単にできる白あえの素簡単にできる白あえの素

 

これです。

一から作る白あえの大変さ

 

白あえは決してメインの料理にはならない…なれない料理です。

万年「副菜」ポジションなのです。

なのに、手順は恐ろしく複雑ですし、しかも世間ではメインの添え物な存在。

例えばその手順ですが、

・豆腐を水切りする

・練りごまという比較的高価な調味料が必要

・ニンジン、こんにゃく、シイタケなどを他にもまぜる具材が必要で副菜なのにわりと材料費がかかる

という食べたいのに、費用と手間がかかってしまうというお料理なのです。

なので結婚してから作ったこともないし、買ったお弁当の端についているのをチョロっと食べるくらいでした。

それがドラッグストアコスモスで物色している最中に見つけたこの「白あえの素」だったというわけです。

この商品のすばらしさ

これのなにがすごいか…それはゆでたほうれん草をあえるだけ!でした。

白あえの素裏面白あえの素裏面

 

上の方に説明がありますね。

そこに書いてある内容に私は驚愕しました。

ほうれん草ゆでるだけ?あえるだけ?

ほんとうに?

その手順通りしてみました。

ほうれん草をゆでて…。

白あえの素を出してみた様子白あえの素を出してみた様子

 

保存容器に白あえの素を出してみました。

こんな感じです。

ニンジンやこんにゃく、シイタケがはいっていて、裏ごしされた豆腐が絡まって見えます。

そこにゆでたほうれん草を投入!

混ぜます。

白あえの素とほうれん草のドッキング白あえの素とほうれん草のドッキング

 

混ぜた感じはこんな感じです。

スーパーなどに売っているほうれん草一束を普通に入れています。

できあがった簡単白あえできあがった簡単白あえ

なんとなく小料理屋さんに出てきそうな雰囲気じゃないですか?

さらに簡単にするには?

ほうれん草はレンジで加熱したらさらにお手軽です。

根元を切り落としたほうれん草根元を切り落としたほうれん草

 

切り落としたほうれん草はそのまま土に埋めて再生野菜として活用します。

 

切ったほうれん草をボウルにいれて切ったほうれん草をボウルにいれて

 

見にくいですが、ボウルに入れた後にラップをふんわりかけます。

我が家のレンジは葉物野菜をゆでる機能がついていますが、そういう機能がなければ、600Wで3分ほどかけたらいいのではないかと思います。(そのあたりはてきとうに調節しましょう!)

ゆであがったほうれん草を水にさらしてゆであがったほうれん草を水にさらして

 

ゆであがったら、水に入れて少しさらします。

そういうところをはぶくと、ほうれん草の「シュウ酸」という成分がイガイガした感触になってしまうんですね。

これは絶対しましょう!

【まとめ】198円で買える「白あえの素」は絶対買いです!

 

今回の材料費

白あえの素198円

ほうれん草70円

合計268円

 

空袋ですが空袋ですが

 

こんな袋に入ったほうれん草でした。

副菜というポジションで約270円で本格白和えが食べられるのはありがたいなと思います。

もちろん「オニザキ」とか有名なお店でも白あえの素は販売されています。

確かにオニザキのは高級料亭の味がします。

胡麻メーカーだからか、ゴマの風味がはっきりしていて、おいしいです。

ちなみにオニザキはアマゾンでも扱っています。

でも高価だったり、他の具材を用意しないといけなかったりといろいろ面倒だったりします。毎日のご飯で高価だったり、面倒だと作りにくくなってしまいますよね。

おすすめ度

毎日利用度

おいしさ

リーズナブル

高級感

 

 

ABOUT ME
aayalovemama
家族とわんこで兵庫県のお城のある小さな町に住んでいます。 印刷会社の出版部門で雑用をこなしながら、たまに着物をきておでかけしたりな日々を過ごしています。 将来は家族とわんこで南の島でのんびりすごしたいです。